【無料SSL証明書】StartSSLが使えない

気づかなかったのですが、StartSSLが色々問題があってSSL証明書が無効となりました。
ただ、昨今は常時HTTPS化常識となっているため、SSL証明書は必須なのに変わりありません。
そこで、StartSSLと同じようにブラウザ上で簡単にSSL証明書の作り方をご説明します。

Let’s Encryptwを使えば、証明書の発行・更新は無料。サーバ側で設定をしておけば、証明書の取得や更新の自動化もできます。ただし、また1から色々サーバを触るのは面倒だし・・・。という方にお勧めの方法です。

スポンサーリンク

zeroSSL を試す

Startsslのようにブラウザ上で、「CSRの作成」「秘密鍵の作成」「SSL証明書の作成」を行うことができます。

サイトのアクセスして、OnlineToolSをクリック

FREE SSL Certificate Wizard で「START」をクリック

Domein名を入力して、Acceptを二つチェックして。「NEXT」をクリック

「Include non-www version too」と尋ねられたら「YES」をクリック

「Include www-prefixed version too」と尋ねられたら「YES」をクリック

秘密鍵の作成

「NEXT」をクリックすると秘密鍵が作成されます。
作成されたらダウンロードボタンでダウンロードしましょう。(CSRも併せてダウンロード)
ダウンロードしたら「NEXT」をクリック

HTTP認証を行う。

HTTP認証とは、発行したいサイトのページに認証用のファイルを設置して、ドメイン名の該当ページに認証用のファイルが存在すれば認証が成功します。

具体的には、「ドメイン名/.well-known/acme-challenge/」に指定されたファイルを設置すれば完了です。(Linuxなどであればmkdirでディレクトリを作成して、ファイルを設置しましょう。)

ファイルを設置したらNEXTをクリック

認証完了

これでZeroSSLの認証は完了です。

証明書がダウンロードできますので、ダウンロードしてサーバに格納しましょう。

さいごに

ZeroSSLですが・・・。

有効期限がなんと3か月です。クライアントソフトなどを入れなくても楽にできるのですが更新が手間ですね。

手間な方は自動で更新することもができるので調べて試してみてください。