SimplicityのWEBページの速度を上げる方法

最近AWSとWordPressを使ってブログをはじめたばかりですが・・・

下記記事を書いたところ、少しアクセスがあがりました。

 

【艦これ】話題のリモートデスクトップ3種類を比較する【刀剣乱舞】
「艦これ」や「刀剣乱舞(とうらぶ)」にはまったけど外出したときスマフォだと対応していなくて移動中にできない・・・。 そんなときに便利な...

しかし、何もわからないところからはじめたので、いろいろ反応速度が悪いみたいで、少し速くできたらいいなーと思いいろいろ調べたのをまとめます。

スポンサーリンク

まずは、サイトの速度を測ってみる。

  1. PageSpeed Insights
    グーグルが提供しているツールにてWEBサイトの測定をすることができます。
    比較的見やすいのが特徴、また日本語に対応しているため修正もやりやすいです。
  2. Pingdom Website Speed Test
    WEBサイトのレスポンスを詳細に確認することができる。
    どのファイルが読み込みが遅いとかが視覚的にわかりやすい
  3. GTmetrix
    ランク付けのしかたや達成率などがわかりやすい。
    Googleのツールに少しにている。

実際測定してみて・・・・

惨敗でした。しかし各項目ごとに修正内容が記載されているため、いろいろ調べて設定する。
わたしはWordPressにSimplicityを入れてサイトを立ち上げいるため、Simplicityの高速化をまとめてみる。

  1.  コピペ一発でSimplicityを結構高速化する方法
    まず最初はこれを実施する。これをレンタルサーバでは.haccessに追記を行い、仮想サーバとか自鯖だとhttpd.confに直接追記すればよい。
  2. プラグイン「Autoptimize」の追加
    こちらは、CSSのみ設定を実施する。
  3. プラグイン「EWWW Image Optimizer」の追加
    こちらは、設定画面より、Bulk Optimizeにて画像の最適化(圧縮を行う)
  4. プラグイン「WP-Optimize
    データベースの最適化プラグイン
  5. プラグイン「P3 (Plugin Performance Profiler)」の追加
    インストールされているプラグインの処理の重さを測定できる
    もしかするとサイトが重い原因かもしれない。
  6. まだまだ、いろいろ試していますけど・・思い出し次第追加します。

実際使ってみて動作が不安定/微妙だったもの

  1. プラグイン「Asynchronous Javascript
    javaを自動で最適化してくれるすばらしいプラグインだが、Simplicityをは相性が悪い
    画像が表示されないなど不具合が発生した。
  2. プラグイン「WP Minify/WP Minify Fix
    CSSの最適化をしてくれるプラグイン
  3. プラグイン「WP Super Cache
    Simplicityはキャッシュ系のプラグインと相性が悪いため使用を取りやめ。
    実際には、細かい設定をいじることで対応は可能
  4. その他あれば随時追加。

作業後に測定

WS000018 WS000020 WS000021

そこそこよいスコアになれたので満足・・。またアクセス数が増加したときにいろいろ試したいところ。
まだまだ、追加して項目はあったきがする・・・。
いろいろ試行錯誤して追加をしていったのですべてが思い出せない。思い出し次第随時追加していきたい。