Simplicityのテーマを試してみる ~AWSで作るWordPress~ Part.6

今回は実際に作成したWordPressに対してSimplicityの導入してみる。

Simplicityには主に、以下の7つの特徴があります。

1.シンプル
2.内部SEO施策済み
3.拡散のための仕掛けが施されている
4.端末に合わせた4つのレスポンシブスタイル
5.手軽に収益化
6.ブログの主役はあくまで本文
7.カスタマイズがしやすい

 http://wp-simplicity.com/

シンプルな見た目+細かいところまで考慮されているので始めてWordPressを触る人にはお勧めのテーマだと思います。

スポンサーリンク

インストール方法

Simplicityを利用するためには二つのテーマをインストールする必要があります。

  1. Simplicityのテーマ
  2. Simplicityの子テーマ

Simplicityのテーマはどんどん更新されていきますが、そのまま内容を変更してしまうと更新の際に初期化されてしまう場合があります。

そのため子テーマを利用してテーマのカスタマイズを行います。

公式より親テーマと子テーマをダウンロードします。

外見⇒テーマ⇒新規テーマを追加より、親テーマおよび子テーマを追加します。

インストール後子テーマを有効化することで完了です。
※親テーマは子テーマより自動で参照するように設定してあるため、子テーマを有効化するのみで完了です。

プラグインの導入

私が導入しているプラグインを紹介します。

サイトへのアクセススピードの性能向上

ここで紹介しているのをまとめます。

SimplicityのWEBページの速度を上げる方法
最近AWSとWordPressを使ってブログをはじめたばかりですが・・・ 下記記事を書いたところ、少しアクセスがあがり...
  1. Autoptimize
    CSSの圧縮をして、サイトへのアクセススピードを向上させます。
  2. WP Minify Fix
    CSS/Java/HTMLの圧縮をしてサイトへのアクセススピードを向上させます。
  3. EWWW Image Optimizer
    画像の圧縮を見直し、サイトへのアクセススピードを向上させます。
  4. WP-Optimize
    データベースの最適化を行います。
  5.  コピペ一発でSimplicityを結構高速化する方法
    プラグインではないですが、こちらもするのをお勧めします。

投稿向けのプラグイン

  1. TinyMCE Advanced
    ヴィジュアルエディターの項目を増やします。これで記事の投稿が少し楽に。
  2. SyntaxHighlighter Evolved
    ソースコードを張るのに役立ちます。

    ソースコードを記載して時に見やすくしたり
    強調できたりします。
    

SEO対策

  1. WordPress SEO
    SEO対策を一括にできるプラグイン
  2. Breadcrumb NavXT
    パンくずリストと呼ばれるものを追加する。
  3. Google XML Sitemaps
    ウェブマスターツール向けのXMLを自動で作成してくれる。

管理者向けプラグイン

  1. Akismet
    コメント欄向けのスパム対策
  2. BackWPup
    WordPress画面より、データベースをバックアップ
  3. P3 (Plugin Performance Profiler)
    使っているプラグインの処理速度を計測
  4. WordPress Popular Posts
    アクセス数ランキングなどをページに表示できる
  5. WP Slimstat
    サイトへのアクセス数およびアクセス解析