スナップショットよりインスタンスを作成方法 ~AWSで作るWordPress~ Part.8

前回記事ではASWの自動スナップショットの設定を説明したが、次はスナップショットからインスタンスを新規に構築する方法を説明します。

スナップショットからインスタンスを作成する場合は以下の3っの工程が必要です。

  1. スナップショットよりAMI(Amazon マシンイメージ)の作成
  2. AMIより新規インスタンスを作成
  3. 既存のインスタンスについているEstaticIPを新規インスタンスに再割り当てする。

自動スナップショットやスナップショットの取り方については以下の記事を参照してください。

AWSでの自動スナップショットの設定方法 ~AWSで作るWordPress~ Part.7
ここまでWordPressの構築を説明してきましたが、ここに着てやっとAWSで作った理由がわかります。 それは.... バックアップ...
スポンサーリンク

スナップショットよりインスタンスを作成方法

1.スナップショットよりAMI(Amazon マシンイメージ)の作成

AmazonEC2のコンソールより、スナップショットを開く。

復元したいスナップショットにチェックを入れ、「アクション」⇒「イメージの作成」をクリックする。

スナップショットよりイメージを作成

名前にイメージの名前を入力し、仮想化タイプを「ハードウェアアシストの仮想化」を選択。(t2.microの場合)
その他は環境に合わせて設定を入力する。特に指定がない場合そのままで問題ありません。

EBSスナップショットからイメージを作成

2.AMIより新規インスタンスを作成

AMIが作成されたら、「イメージ」⇒「AMI」をクリックする。
先ほど作成したAMIにチェックを入れ作成をクリック。

AMIよりインスタンスの作成

インスタンスタイプを選択する。ここではt2.microにてインスタンスを作成したいので、t2.microを選択

インスタンスタイプの選択

インスタンスの詳細設定を入れる(必要あれば)
入力が終わったら「次の手順」をクリック

インスタンスの詳細設定

追加したいストレージがあればここで追加する。
入力が終わったら「次の手順」をクリック

ストレージの追加

次にインスタンスのタグ付け設定を行う。
入力が終わったら「次の手順」をクリック

インスタンスのタグ付け

セキュリティグループの設定を行う。
ここでは既存のセキュリティグループを使用する。
セキュリティグループ

ここで問題なければ作成をクリック。

インスタンスの作成の確認

最後にサーバ接続用のキーペアを設定してインスタンスの作成は完了。

キーペアの選択

3.既存のインスタンスについているEstaticIPを新規インスタンスに再割り当てする。

Estatic IPより、既存のEstaticIPを右クリックしmアドレスの関連付けを選択する。

アドレスの関連付け

インスタンスに今回新規に作成したインスタンスを選択肢、再関連付けにチェックをつけて「関連付ける」をクリックする。

アドレスの関連付け2

これでサーバの復元は完了です。スナップショットを取得した時点のサーバへ復旧させることができます。