windowsでのQOSの設定方法

通信量が気になる場合、windowsの標準ソフトのポリシーベースQOSを設定することで可能です。
ポリシーベースQOSとは、送信元のIP/Port番号と宛先のIP/Port番号が一致した場合、指定したQOS(通信の制限)をかけることができます。
自分のPCからあるサイトへの通信を絞りたい場合、送信元を自分自身のIPアドレス、送信先を相手のIPアドレスを指定することでQOSをすればよいということです。

簡単に設定を以下にまとめます。

スポンサーリンク

QOSの設定方法

  1. [WIN]+[R]でファイル名を指定して実行にて「gpedit.msc」を実行する。
    ポリシーベースQOS1
  2. ポリシーベースQOSを選択し、[操作]⇒[新規ポリシーの作成]を選択する。
    ポリシーベースQOS3
  3. ポリシー名にポリシーの名前を入力、出力方向スロットル率(通信量)を指定して設定し[次へ]
    ポリシーベースQOS4
  4. アプリケーション名または、URLは入力せず[次へ]
    ポリシーベースQOS7
  5. IPアドレスについては、送信元またはあて先のIPアドレスをを入力し[次へ]
    ポリシーベースQOS5
  6. プロトコルをTCPとUDPに設定、発信元または、宛先ポートを入力し、[OK]
    ポリシーベースQOS6