格安SIM+格安スマホでリモートデスクトップ接続【艦これ】

過去に色々リモートデスクトップについて書いていましたが、ここからが本当の実用編となります。

まず、リモートデスクトップ艦これの目的は?

外出時に外にいても遠征とかしたい・・。
電車や新幹線の移動中が暇なので・・。ガチンコ勢なので、遠征できていない時間が勿体ない!
しかし通信量は気になるし、そもそもいくら通信量を制限したところでヘビーユーザーは7GBを簡単に超えてしまいます。
そんな人向けのおすすめ方法です。

まず必要なのは、古いスマフォ(ドコモ)と格安SIM!それで終わりです。
お勧めなのは、ヨドバシなどで販売されているワイヤレスゲートなどので使い放題プランです。
ワイヤレースゲートの480円プランがおすすめで、最低速度が250kbpsと遅いですがリモートデスクトップをするのにはぎりぎり耐えれる速度です。

リモートデスクトップの通信の仕方として常に数十KB/sの通信を行っており、放置するだけで数十~数百MBのデータ通信量を消費します。
そもそもなぜ、そんなにデータ消費量が多いのかというと、画質良く、フレームレートも高く、レスポンスも高いからデータ通信量を使うのです。つまり、どれかを犠牲にすればデータ使い放題プランの格安SIMでもリモートデスクトップ経由で艦これを楽しむことができます。

スポンサーリンク

今回用意したもの

・Zenfone5

・ワイヤレスゲート 480円プラン (最大速度250kbpsで使い放題)

試してみるソフトウェア

おなじみのお勧め3種の中から、Splashtopを試してみます。

【艦これ】話題のリモートデスクトップ3種類を比較する【刀剣乱舞】
「艦これ」や「刀剣乱舞(とうらぶ)」にはまったけど外出したときスマフォだと対応していなくて移動中にできない・・・。 そんなときに便利な...

実際やってみよう!

ワイヤレスゲート 480円プラン (最大速度250kbpsで使い放題)まずは速度がどれくらいでているかを見てみる。

通信速度

安定して0.4Mbpsの速度がでています。これは0.4Mbps=50KB/sとなりますのでリモートデスクトップを行える速度です。
実際にsplashtopで艦これをやるのですが、おすすめな設定があります。
通常最近のデスクトップPCでは1920*1080の解像度が一般的ですが解像度を1024*768まで下げます。
これをすることで必要な通信料が1/4程度に減らすことができます。
以下の画面の時に設定変更を行うことで簡単にできます!

splashtop

実際に艦これをプレイしてみる。

リモートデスクトップで母港まで行ってみましたが、ここまではあまりストレスなく進むことができます。

splashtop2

実際にプレイしてみて、少しストレスにかじる個所がやはり格安SIMのため通信が安定しない時間帯があります。
そのときには操作や画面に遅延が発生してしまいストレスの原因になります。
そこで大事なのが帯域制御です。
通信帯域が超えてしまうとその通信については通信を遅延させたり廃棄などをキャリアの機器にて行われていて、
そこに引っかかってしまうと操作や画面転送に遅延が発生してしまいます・・。
そのために以前ご紹介した「netbalancer」が有効です。

Splashtop(リモートデスクトップ)の通信量の制限方法
splashtop(リモートデスクトップ)で使用できる通信量を抑える設定をしてみます。 使用するソフトウェアは「netbalancer...

格安SIMを利用する場合その通信速度に合わせて速度を計測して-10KB/s位に設定しましょう。

まとめ。

通常50KB/sですと1時間当たり180Mくらい消費します。
毎日使いたいようなコアユーザの場合それだけで5.4GBの通信データ量を消費します。
しかし月々480円で無制限に使える格安SIMを利用することにより、通信データ量を気にせずにリモートデスクトップを使うことができるのでコアなユーザほどおすすめになります。