WordPressのHTTPS化をした後は、画像を相対リンクにしよう。

以前ご紹介したWordPressのHTTPS化だが、一つ不具合が発生した。

WordPressのセキュリティ向上-管理画面のHTTPS化 ~AWSで作るWordPress~ Part.5
WordPressはインストールしたばかりでは、外部の攻撃に非常に弱いです。 特に記事の更新をしている管理画面はデフォルトではHTTPでの...

画像を投稿に張った場合、絶対リンク「https://~~~/wp-contents/aaa.jpg」となってしまい、投稿した記事の画像が正しく表示されなくなってしまう。

修正方法としては2パターンある。

スポンサーリンク

画像のsrcを相対リンクにする。

以下のページにある設定をテーマのfunction.phpに追加するのみで可能です。

WordPressで挿入する画像のsrcを相対リンクにする

「https://~~~/wp-contents/aaa.jpg」でのリンクではなく、

「/wp-contents/aaa.jpg」という相対リンクで扱うことにより、HTTPでアクセスした人は

「http://~~/wp-contents/aaa.jpg」と表示され、アクセスしたプロトコルに従い画像を表示させることができる。

HTTPSのページも公開する。

格安の認証局より、SSL証明書を発行してもらいHTTPSのページを公開する。
ただ・・問題はHTTPにくらべてサーバの負荷が高いことと、SSL証明書を発行するのにお金がかかることである。