openSSLのサポート期限について

いろいろなところで話題になっていますが、OpenSSLのサポート期限の仕組みが変更されました。

それに伴い今使われているOpenSSLのサポートも切れる可能性があるので早めの更新が必要となります。

0.9.8系と1.0.0系が今年の2015年12月31日でサポートが打ち切られます。

どのようなリスクがあるのか

新規の脆弱性が発見されても修正やワークアラウンドが発表されないなど、リスクをかかえることとなります。

そのため、今のうちにアップグレード準備をしましょう。

スポンサーリンク

今後の対応について

また、今後のサポートの仕方にも変更があり、最新版とその一つ前のバージョンのみサポート対象となります。

アップグレードを考慮したシステムづくりも大切になります